• 館長からのご挨拶


  • メンバー紹介


Oruen2rd
(オルウェン)
富士山山中湖本館
プリンセス美術部リーダー
アート・セラピスト
美術・陶芸担当

魔法と占いプリンセスVIViT 相模原館 オルウェン鑑定師 Oruen 2rd
(オルウェン)


1rdオルウェンさんは
愛いっぱいで結婚し
子供を授って
出産を気に
「子育て専念する」と
退職いたしました。
私は2rdオルウェンとして
現在活躍しています。

プロフィール写真を見ると
年齢が判るでしょう…
アラサー突入中です。

「キルッフとオルウェンの物語」
ご存じですか?
ファンタジー物語で映画化もされています。
このストーリーみたいに、私を迎えてくれる
”スーパー王子さま"が早く現れないかな…

大学生時代は”美大”だったので、
おしゃれもせず日々”課題”に追われて
過ごしていました。
ですので
"男なし、彼なし"でした。

私が通っていた美大はお嬢様ばかり
だったので、就職していく人は少なかった。
私も卒業後は就職せず(お嬢様ではないですが…)、
父の知り合いの出版社で、お手伝いしながら
好きなイラスト書きをしていました。

そんなある日…大学時代の仲良しの
A美が”大失恋”したと泣いてきた。

占い館にずいぶん付き合いました。
しかしながらどこに行っても
「ダメです 彼は戻りません…」
彼女はふと口にします。
「何か魔法みたいなことないかな…」

魔法やスピリチュアルおたくのC子先輩に
聞いてみます。すると…
「魔法の館あるよ、本当に魔法をかけてる…」
なにげに話ます。

A美に話すと、当然のこと「行きたい!!」
C子先輩の車と運転で同行していただいて、
「魔法と占いプリンセスVIViT 山中湖本館」
訪れます。

担当は、エマーさんという女性の魔法占い師さん。
「フムフムなるほど、魔法の五芒星を作って
魔法がけしてみましょう…」

今日は予約が詰まっているというので
後日の予約をとりました。
予約当日、テーブル上には「木のネンド」
石膏はよく課題とかで使ってきたけど、木ネンドは
使わなかったな…A美と顔を合わせます。

造形手順と方法の説明を受けると、そんなに
”石膏”と変わらないので、けっこう上手く完成。
エマーさんが…
「さすが美大女子、じょうずですね」
ほめてくれました。

ここからA美は
”五芒星 月魔法”をかけていきます。
が 
ある日プッンとはじけます。
「やっぱあの男やめた、新しい彼探しにする!!」
私たちも「浮気する男は治らない…」から
ホッとしたのが本音です。

プリンセス美術魔法がけをしているうちに…
「美術担当の方が辞めてしまうので後任を
探している、誰かいないかしら?」
このお話から、私が立候補して推薦もあって
”2rdオルウェン”となりました。
とても不思議なめぐり合わせの出来事でしたよ!!

現在は、富士山山中湖本館 営業部美術課
チーフパーサー職として部下18名と活躍中です。

アーサー王伝説「キルッフとオルウェン物語」
あらすじをお話しますね。

登場する”オルウェン”
アーサ王騎士キルッフとオルウェンの恋物語

キルフの父母の結婚から…物語は始まります。
キルッフの母親が外を出歩いているとき、
彼女は豚小屋の前を通りかかったとき、
産気づいてしまいその場で出産してしまう。
そこから、主人公はキルッフ(豚の囲い)と命名。

キルッフが生まれてまもなく実母は亡くなり、
継母にとってかわられます。
継母は魔法使い。キルッフに魔法をかけ、
ある一人の見ず知らずの娘に恋心をいだかせた。

魔法をかけられた彼…
その娘を手に入られなければ、
どうしようもない思いにしてしまいます…
娘というのは、
巨人の長イスバザデンの娘オルウェンでした。

キルッフは父親に相談し、
親戚のアーサー王の助力を得ることにします。
アーサー王は、キルッフに6人の助っ人を授け、
オルウェンを求める旅に出ました。

旅先でオルウェンを見つけます。
はじめは魔法でしたが、一目オルウェンを見ると
”運命の女性だ…”

物語は続きます 続きに興味を持った方は
ぜひ続きを本やWEBで読んでみてください。


†Oruen(オルウェン)
アーサー王伝説 マギノギオン 物語に登場する。
巨人の長イスバザデンの娘。

WITCH CRAFT 使用占術

【使用占術】

・東京造形大学(上智大学)卒
VIViT秘伝WITCH CRAFT造形講師

・各クラフトお客様係

・クリスタルボール(水晶玉)リーディング

・BOHEMIAN TAROTリーディング


・キロ先生西洋占星術