image

高野山 金剛峯寺 般若心経
撮影 写真家 鈬多 隼也人


「佛説摩訶般若波羅蜜多心経」


観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空
(かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみったじ しょうけんごうんかいくう)

度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空
(どいっさいくやく しゃりし しきふいくう くうふいしき しきそくぜくう)

空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相
(くうそくぜしき じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ しゃりし ぜしょほうくうそう)

不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中
(ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん ぜこくうちゅう)

無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法
(むしき むじゅそうぎょうしき むげんにびぜっしんい むしきしょうこうみそくほう)

無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽
(むげんかい ないしむいしきかい むむみょうやく むむみょうじん)

乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得
(ないしむろうし やくむろうしじん むくしゅうめつどう むちやくむとく)

以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故
(いむしょとくこ ぼだいさつたえ はんにゃはらみったこ)

心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想
(しんむけいげ むけいげこ むうくふ おんりいっさいてんどうむそう)

究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故
(くうぎょうねはん さんぜしょぶつ えはんにゃはらみったこ)

得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多
(とくあのくたらさんみゃくさんぼだい こちはんにゃはらみった)

是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪
(ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ)

能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪
(のうじょいっさいく しんじつふこ こせつはんにゃはらみったしゅ)

即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦
(そくせつしゅわっ ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい)

菩提薩婆訶 般若心経
(ぼじそわか はんにゃしんぎょう)



image

昭和天皇さま

高野山 金剛峯寺参拝
 



本殿で

"般若心経"の読経

お聞きになられたそうです


その後

寺内宿坊に、
お泊まりになりました



image

高野山 金剛峯寺
撮影 写真家 鈬多 隼也人



高野山 真言宗の総本山

宗務所があります



壮大な玄関をもつ建物は

文久3年(1863)に再建されたもの

主殿は東西三十間

南北三十五間の大建築のお寺

大広間には狩野探幽の襖絵

「松に群鶴」が飾られます


豊臣秀次自刃したという柳の間、

霊感が強い方は避ける



高野山 御門 般若心経

高野山 御門
撮影 写真家 鈬多 隼也人


高野山とは…

空海が開いた天空の都市




明治以前は高野山全体を、
総本山金剛峯寺と表しました


現在は

一山境内地とされます

高野山山内は

「奥之院」と「壇上伽藍」を二大聖地とします



高野山 御門

高野山の総門であり、

結界のシンボルです

左右には金剛力士像が安置されています


大門付近は眺望が開けます

天気のいい日には、

四国や淡路の山々が見えます



高野山 壇上伽藍

高野山 壇上伽藍

金堂  根本大塔




壇上伽藍

高野山の二大聖地のひとつ

弘法大師が真言密教の根本道場を開く時、

初に整備に着手した場所です

境内には
根本大塔、金堂など
19の建造物が建ち並びます


金堂

伽藍の中央にあります

高野山の総本堂

重要な仏行事のほとんどが、
ここで執り行われます

御本尊は、
秘仏となっている薬師如来です


根本大塔

真言密教の根本道場の、
シンボルとして建てられました

高さは48.5mあり、
日本で最初の多宝塔です

大塔内陣は曼荼羅の世界を、
立体的に表現しています

胎蔵界と金剛界をひとつに融合した、
空海独自の立体曼荼羅となっています



高野山 奥の院 御廟橋

高野山 奥の院


壇上伽藍とともに、
高野山の二大聖地



奥の院は弘法大師入定の地

弘法大師御廟は、
お大師様信仰の中心聖地です

一の橋から弘法大師御廟までは、
約2kmの参道には、

多くの奇跡的な伝説も残っています



奥之院参道

参道には、樹齢約700年の杉木立がそびえます

皇族、諸大名をはじめ…

文人や庶民にいたるまで様々な階層の、
人々の墓石や祈念碑、慰霊碑が建ちます

なんと約20万基を超えて建ち並んでいます


御廟橋

弘法大師御廟に一番近い橋

36枚の橋板と橋全体を1と数え、
金剛界37尊を表しています

御廟橋より先は聖域です

当然ながら写真撮影は禁止

服装を正し、一礼してから渡ります


image

高野山参拝ガイド


とにかく広いです

全部廻るのは一日では、

全然無理です




高野山内をバスで移動するとき…

本数が少ないので観覧時間を決めておきましょう

また
最終便も早いです

その日のうちに下界に戻るのでしたら、
最後の観覧地からのバス時刻を確認


冬季は雪が降る日が多いので、

交通機関や道路状況の確認を



自家用車で廻る時…

駐車台数が少ない駐車場があります

その際は

近くの大駐車場から歩くことになります




唐にわたり真言密教を極めて帰国した空海

嵯峨天皇から賜ったのが高野山でした

ここに真言密教の道場を開創したのが始まりです

開創から1200年以上が経って、
世界遺産に認定されています

「壇上伽藍」「総本山金剛峯寺」「徳川家霊台」「奥之院」など、

110以上のお寺や道場があります


お寺の内部拝観では靴を脱ぎますので、
着脱しやすい靴をおすすめします


極楽橋から悩み解決

撮影 写真家 鈬多 隼也人



なんでもお気軽に

プリンセスVIViT各館に

↓    ↓

お問合わせ/ご予約